ポータルの作成

アセット階層を作成したことで、設備を可視化するための Monitor ポータルを作成する準備ができました。AWS Single Sign-On または IAM を使用して、データへのアクセス権を管理することができます。このワークショップでは、IAM ベースの認証を使用します。

IAM ユーザーまたはロールを取得

Monitor ポータルを作成する前に、AWS マネジメントコンソールへのアクセスに使用している IAM ユーザーまたはロールの Amazon リソースネーム (ARN) を取得します。このユーザーまたはロールを、ポータルの管理者として割り当てます。

現在のユーザーを取得するには、AWS CloudShell または AWS マネジメントコンソールが使用できます。

CloudShell

  1. CloudShell へ移動します。
  2. 現在使用している arn を取得します。コマンドプロンプトで以下を入力します。
    • aws sts get-caller-identity --query 'Arn'
  3. arn に :user が含まれていれば IAM ユーザーを、:assumed-role が含まれていればロールを使用しています

AWS マネジメントコンソール

  1. ナビゲーションバーで、アカウント名を選択します。
  2. 表示されるメニューは、サインイン時に使用したアカウントの種類によって異なります。
  3. メニューに 現在アクティブです。: が含まれている場合は、切り替えたロールを使用しています。IAM ユーザー: が含まれている場合は、ユーザーとしてログインしています。

Monitor ポータル作成の際に必要となるため、IAM ユーザーまたはロールをメモしておいてください。

ポータルを作成

AWS IoT SiteWise コンソール へ移動します。

  1. 左上の 3 本バー をクリック
  2. モニタリング の下の ポータル をクリック
  3. ポータルを作成 をクリック
  4. ポータルの設定
    • ポータル名: PowerPlants を入力
    • ユーザー認証: IAM を選択
    • E メール: メールを受信できるメールアドレスを入力
    • アクセス許可: 新しいサービスロールを作成して使用する を選択
    • 次へ をクリック
  5. 追加機能 – オプション
    • アラーム: アラームの有効化無効 に設定
    • エッジ設定: エッジでこのポータルを有効化無効 に設定
    • 作成 をクリック
  6. 管理者の招待
    • ユーザー または ロール でメモしたユーザーまたはロールを選択して 次へ をクリック
  7. ユーザーの割り当て
    • ユーザーやロールを選択せずに ユーザーの割り当て をクリック

ポータル一覧に、PowerPlants という名前のポータルが表示されます。ポータルへアクセスするには、ポータル名の右側にある https:// で始まるリンクをクリックしてください。

ここでポータルの言語設定を日本語に設定します。表示言語は、ポータルの左下にある “English (US)"(デフォルト) をクリックすることで変更できます。

アセットライブラリの参照

ポータルにログインしたら、アセットライブラリを参照し、データをどのように可視化することができるかを確認しましょう。

以下はポータルでの作業となります

  1. アセット を選択
  2. All Power Plants の下に Power Plant 1、その下に Generator-1 があることを確認
  3. Generator-1 を選択

発電機のアセットモデルで定義した測定値とメトリクスが表示されるので、確認してみてください。

プロジェクトを作成

ダッシュボードを作成するためには、まずプロジェクトを作成する必要があります。

  1. プロジェクト を選択
  2. プロジェクトを作成 をクリック
  3. プロジェクト名: Energy monitoring
  4. プロジェクトの説明: Energy production monitoring
  5. プロジェクトを作成 をクリック

プロジェクトアセットを追加

各プロジェクトには、基本となるアセットが含まれています。これらのアセットに基づいて、データを可視化するダッシュボードを作成することができます。

  1. アセット を選択
  2. All Power Plants を選択
  3. プロジェクトにアセットを追加 をクリック
  4. アセットのプロジェクトを選択: 既存のプロジェクトを選択 を選択
  5. 既存のプロジェクトを選択: Energy monitoring を選択
  6. プロジェクトにアセットを追加 をクリック

プロジェクトに追加できるアセットは 1 つだけなので、ルートアセットから始まる階層構造を作成することが重要となります。

ダッシュボードを作成

ダッシュボードでは、全体の総発電量、及び各発電機の発電量、回転数 (rpm)、温度を可視化する必要があります。

  1. ダッシュボード を選択
  2. ダッシュボードを作成 をクリック
  3. 右上ペインで All Power Plants を選択
    • 右下ペインの power_all_plants_5m を左側の ここにデータをドラッグ までドラッグ&ドロップ
  4. All Power Plants -> Power Plant 1 の順に展開し、Generator-1 を選択
    • sum_watts_5m を左側の空いている場所にドラッグ&ドロップ
    • rpmsum_watts_5m ウィジェットの上にドラッグ&ドロップ
    • ウィジェットの名前を Generator-1 に変更

Generator-2 にも同様なウィジェットを作成します。

  1. デフォルトのダッシュボード名 新しいダッシュボード を、適切な名前に変更
  2. ダッシュボードを保存 をクリック

以上の手順を参考に、Generator-1Generator-2 の 1 分間の発電量 (watts_1m) と温度 (temperature) をモニタリングするダッシュボードを作成してみましょう。