クリーンアップ

このワークショップで作成したものを今後利用する予定がなければ、不要なコストの発生を避けるため、作成したリソースを削除しましょう。