ワークショップの環境

AWS Cloud9

このワークショップでは、AWS IoT SiteWise の仕組みや、AWS IoT Core、AWS IoT Analytics、AWS IoT Greengrass など、SiteWise に関連する AWS サービスの基礎について学びます。

ワークショップは、AWS CloudFormation でプロビジョニングされる AWS Cloud9 上で実施することを想定しています。AWS Cloud9 IDE は Amazon EC2 インスタンス上で動作します。OS は Amazon Linux を使用し、標準ユーザーは ec2-user となります。

Greengrass ソフトウェアと OPC UA サーバーは、同一の AWS Cloud9 インスタンス上で動作します。

サンプルの OPC-UA サーバーとして node-opcua を使用します。

AWS Cloud9 IDE は、いくつかのプログラミング言語やランタイムデバッガをサポートし、ビルトインのターミナルを備えた充実したコード編集環境を提供します。ソフトウェアのコーディング、ビルド、実行、テスト、デバッグに使用するツールが含まれており、ソフトウェアのクラウドへのリリースを支援します。

Cloud9 IDE には Web ブラウザからアクセスします。

AWS Command Line Interface (awscli) は AWS Cloud9 インスタンスにインストール・設定されています。ワークショップ内で awscli の使用が指示されている場合は、Cloud9 インスタンスにインストールされているものを使用してください。

ec2-user として awscli (aws) を実行しているかを確認してください。awscli は Cloud9 インスタンス上の ec2-user に対してのみ設定されています。

Jupyter について

いくつかの演習では、Jupyter ノートブックを使用します。ノートブックは Amazon SageMaker インスタンス上で実行され、自動的にインスタンスにコピーされます。

さらに、ノートブックにはコードだけでなくドキュメントも含まれています。いくつかの演習については、これらのノートブックに指示が書かれています。

Jupyter ノートブックを使った作業

実行すべきコードを含むノートブックでは、セルの左側に角括弧 [ ] が付いています。

  • [ ] セルが実行されていません。
  • [*] セルがアクティブになっています。コードによっては、セルの実行が終了するまでに時間がかかる場合があります。
  • [X] X は [6] のような任意の数値で、セル内のコードが実行されたことを意味します。

以下のどちらかの方法で、セルを実行できます。

  • 画面上部の Run をクリック
  • キーボードで Ctrl+<Enter> を押下